シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
スペイン・イビサ10


日本でいうプレミアムシガーよりも、
"VEGA FINA"というブランドが
シガリロからチャーチルサイズまで多く陳列されていました。
(こちらは単品買いOK)

これは、スペインで機械巻きを行った
リーズナブルシガーブランドのようで、

プレミアムシガー:VEGA FINA=1:2

くらいの取り扱いで売られていました。
 

[話のつづきを読む...]

Back!!
スペイン・イビサ9


先のラインナップは、
この島の一番の中心街である、
イビサタウンの、そのまた一等地にある、
ウォークイン・ヒュミドールを併設したショップ
(明らかに他の店舗とは別格の内装でした)のものです。

おそらく、これが、この島のブランド戦略なんだろうと思います。
 

[話のつづきを読む...]

Back!!
スペイン・イビサ8


最後に、せっかく海外に出たのですから、
一応、スペイン・イビサのシガー・データも報告。
イビサでシガーを購入するなら、タバコ屋へ行きましょう。
ただし、日本国内で我々がよく見かける、
アバノス(キューバ・ブランド)はあまり置いていません。

・コヒーバ
・トリニダ
・モンテクリスト
・ダヴィドフ(ドミニカ)が主要商品。
 

[話のつづきを読む...]

Back!!
スペイン・イビサ7


私視点でのイビサ旅行のオススメ度を。
 (forシガー・フリークの皆さま)

★★★★(四つ星)

・過ごしやすい地中海性気候
 (8日間居て、一度も雨が降りませんでした)
・自然と文化と商業とがバランスよく共存している。
・24時間眠らない街
・その割には治安が良い

つづく・・・
 

[話のつづきを読む...]

Back!!
スペイン・イビサ6


ヘミングウェイ風のオッチャン達は、
スローなシガー・スタイルを楽しみ、

若者達は、
ファッションとしてのシガー・スタイルを楽しみ、

そして、先のクラブVIP達は
スローとファッションを併せ持ち、そこへ豪華さもプラスした、
ラグジュアリーなシガー・スタイルを楽しむ。
 
 

[話のつづきを読む...]

Back!!
スペイン・イビサ5


ここで、一端、クラブを離れ、
ヨーロッパ有数のリゾート地”イビサ”の
街のシガー・スタイルをお伝えしておきます。
観光名所となっている、旧市街地あたりで、
シガーを嗜む、初老の紳士をよくお見かけしました。
小説家「ヘミングウェイ」のような
半袖シャツまたはポロシャツにハーフパンツ。
頭にはパナマ帽という、一般人がイメージする、
”葉巻好きのオッチャン”ファッションが彼らの装いで、
ほとんどがご夫婦、または家族連れ。
普通にバカンスを過ごしに、イビサへいらした方だと思います。

若者のシガー・スタイルも見つけました。
 
 

[話のつづきを読む...]

Back!!
スペイン・イビサ4


ちなみに、主要クラブ”El Divno”は、クルーザー停泊所に隣接していて、
執事付きの甲板ディナーを食している、
十数台のクルーザー・オーナー達の前を通ると、
ようやくエントランスに到着するという立地なんです。

昔から、船と葉巻は相性が良いですからね。

こんな一面がイビサのVIPルームのシガー率に影響しているのかもしれません。
 
 

[話のつづきを読む...]

Back!!
スペイン・イビサ3


大音量のダンス・ミュージックがかかる、
大きなダンスフロアを備えた空間。
いわゆるイビサの”クラブ”で葉巻をたしなむVIPは意外と多かったです。

個々のパーティ会場へ足を運ぶ度に、
シガーをくゆらす人が、VIPルームに必ず一人はいましたから。
日本でもこんな頻繁にシガーと遭遇することはありませんでした。
 
 

[話のつづきを読む...]

Back!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。