シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
NEW YORKらしい葉巻
new york smokes thumbnail


今回のN.Y.の旅の目的は、
N.Y.がリードしているファスト・フード界の中で
日本の食文化がどのようにMixされているのかを見てくること。
滞在4日目にして40軒ほど食べ回り(本当)、胃は常にMAX状態、
移動中に軒先から漂ってくる食べ物の匂いだけでウップ・・となる状況の旅の後半、
葉巻の香りなどを愉しむユトリなど全くと行って良いほど無かったのですが、

なんとか滞在最終日に胃の休息日を作ることができ、
ナットシャーマンに寄ることができました。

natsherman.jpg

??

ナットシャーマンって何?

はい。N.Y. No.1の有名なタバコ屋さんです。

N.Y.の葉巻のお店といったら、誰もが推す老舗中の老舗。
ニューヨーク5番街42ストリート角にある世界レベルの名店です。

香料や燃焼材などが組み込まれたタバコが一般市場にはびこるなかで、
一切添加物が使われていない、ナチュラルでピュアなタバコはとても貴重な存在。
そう、ここの特徴は、その添加物を使わないカスタム・メイドのタバコを作ってくれるということ。
もちろん、そのサービスを受けるには、そこそこのマネーが必要となりますが、
紅茶やコーヒーなどの嗜好品と同じように愉しむことができるカスタム・タバコの世界を、
愛煙家の為にずっと守り通している店なんです。

10382342-nat-sherman.jpg

この店の創業は1930年。
前の日記で触れた「STUDIO 54」のオープンは1977年ですから、
おそらく、STUDIO 54のVIP達はここ、ナットシャーマンで葉巻を購入していたんだろうなぁ。

本題、

今週土曜日に行われるのパーティでは、
せっかくですから、
このナットシャーマンオリジナルの葉巻をご紹介させていただく予定です。

"New York Minute"「とても早い、すぐすませてしまう」の人々のための葉巻。
「ナットシャーマン・メトロポリタン」
ネーミングがN.Y.らしい!素晴らしい!

natshermanmetropolitan.jpg


ちなみに、ナットシャーマンブランドの葉巻は他にもあるのですが、
日本国内で手に入るそのほとんどのものは一本1500円~というプレミアムクラスのものばかり。
が、この「メトロポリタン」はハンドメイドであるにも関わらず、
とてもリーズナブルに楽しめる、超お得な一本です。

ニューヨークでは税金も高く一本800円近くで売られているこの葉巻が、
日本ではワンコインでお釣りが来るなんて、個人的に大変嬉しいのですが、皆さんどうでしょう?

さぁ、レッツ・スモーキンッ!
日曜の夜は、ディスコサウンドに酔いしれながら、私と一緒に紫煙を愉しみましょう!!


-----------------------------------

Gems TV presents "Studio 243 ~X'mas~"
produced by nove+

2009年12月13日(日) 17:00~22:00@赤坂Erebos
DOOR:3,000yen(1Drink)
W/F:2,500yen(1Drink)※
more info : nove+ blog
 

-----------------------------------
スポンサーサイト
Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cigartaki.blog28.fc2.com/tb.php/98-b4331d3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。