シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
スペイン・イビザ、葉巻と寿司 3
pachasushi3.jpg
 
地中海に浮かぶ、年間を通じて温暖で乾燥しているイビザ島の
このレストランは半オープンエアの店構え、
換気はファン程度、言ってみれば「Sushi屋台」である。
タバコ寿司論争では、修正的肯定派というところだろう。
店全体が黒を基調としたカラーリングで統一され、
照明も暗めで、オリエンタルなイメージを醸し出しており、
さらに、NOBUに代表されるような、
ニューヨークスタイルの鮮やかなロール・スシで、
シャリ飯に新たな命が吹き込まれている。
 
 
同じく併設されているスペイン料理レストランからも、
歴史あるスペイン料理の一皿を選ぶことが出来、
豊富な高級ヴィンテージ・ワインリストとそして葉巻と、
ピュアなのに、熟成感もあるという、ぜいたくな世界になる。

ibiza6.jpg

寿司と葉巻が、スペインの観光島で融合して
文化的三位一体のモデルができあがっていた。
それを見る喜びと、嗅ぐ喜びの両方からジリジリやられては私もイチコロ。
自分の中でも膠着状態が続いていた「葉巻寿司論争」は、
イビサ後、新たな展開を見せ始めている。
 
 
スポンサーサイト
Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cigartaki.blog28.fc2.com/tb.php/96-576e76cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。