シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
海とたばこの吸い殻拾い。

 
 
7月18日の海の家イベントに参加させていただくにあたり、
・タバコの吸い殻と葉巻の交換。
・携帯灰皿を持ってきた方へ葉巻のプレゼント。
のアクションをイベント内で行うことが決まっていたので、
私も早速、最寄り駅である江の電腰越駅から徒歩約2分の、
海岸通り沿いの交差点から、約300メートル先にある会場まで、
タバコの吸い殻拾いをしてみた。

下を向いて歩いてみて驚くのは、
本当にたくさんの吸い殻が落ちていること。
そのままの形で落ちているのはもちろん、
生分解されにくいフィルターだけってのもなかなか多い。
タバコケースが踏みつぶされた状態っていうのも有る。

ナンデェー、コンナニィー、オチテルノォー、、、

写真は、その拾った吸い殻。
たった300メートルでこんなですよ。。。
 
 
これは交通量の多い海岸通り沿いの歩道のゴミだから、
自動車から投げ捨てられたものもきっとあるよね。
ある程度予想はしていたボリュームだけど、
やっぱりガッカリだ。

このようにして海岸の禁煙化が進んで行く。。。あな、悲し。

会場の喫煙環境はどうだったのか。
灰皿がとても多く配置されていましたよ。
吸い殻の収集場所がバーの裏手にあり、
「海をきれいに」といった内容の海の家からのメッセージがすぐ目に入る。
なかなかイイじゃん。
参加者の喫煙マナーに対する不安がMAXだった私は、
露出度の高い美人たちが灰皿の前でほほ笑んで喫煙をしているのを見て、
歓声を上げて一本目のシガーを燻らすことができた。



参加者の喫煙マナーは悪く無かったと思うが、
今回のイベントチームが提案した
タバコに対するアクションへの反応は残念ながら芳しくなかった。
来年もここへ来たいのだけれど。。。。
と思いながらも何も手立てがなく、
どうしようもなく非力な自分を実感。。。あな、悔し。

スポンサーサイト
Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cigartaki.blog28.fc2.com/tb.php/93-99585349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。