シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
日本の年中行事とシガー。



実家帰省に際し、近くの神社を寄ってきた。
参拝を済ませ、境内を出てから一服。

ところで、日本の年中行事とシガー。
この2つはまだまだ相成れないものですね。
シガーは発酵タバコ葉から出る煙とアロマを楽しむ個人的な海外嗜好品。
正月、神社の境内でこれを燻らすことができる日本人はまずいないでしょう。
格好だけを求めていたり、他の人が不快に思う喫煙状態では、
シガーは認められないどころか存在価値さえも失ってしまう。
だからといってシガーは日本の年中行事と全く合わないなんて、
私が思っているわけゃあない。
むしろシガーは農耕から手巻き作業まで、
多くの人間の生活や文化が刻まれる、
その長い時間変わらない、普遍的な価値が魅力なのだ。
だからお彼岸やお盆の節に、平和で健全な生活、
家族や先祖を意識することは、シガーと無縁ではない。
日本の生活文化とシガー、この2つをこれから両立させるために、
今私は何ができるのだろう。。。

今年の課題かな。
 
 
スポンサーサイト

Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cigartaki.blog28.fc2.com/tb.php/66-da814d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。