シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
アニメーションとシガー 1




葉巻はイメージで燻らすモノかもしれません。
もう少し現代風俗的に言うと、
メディアの中で見た誰かのように成りきって燻らすモノかもしれません。
映画でのギャングやガンマンはともかく、
アニメの重要キャラクターも葉巻が大好きで、
そういう葉巻愛好キャラに憧れて
葉巻を始める人も今後でてくるのではないでしょうか。

「マンガにおける葉巻の描写」

私が一番最初に浮かんだ葉巻愛好キャラは、
「ONE PIECE(ワンピース)」より白猟のスモーカー。
その名の通り、重度のヘビースモーカーで
"ケムリ人間"の肉体を活かした、
非現実的で強烈なインパクトがあるアクションシーンがあるだけでなく、
主人公ら海賊たちを取り締まる、
34歳にして世界政府海軍本部の大佐で、やり手で優しい男という、
主人公となんら引けを取らない魅力的なキャラ構成が面白い。
そして、二本同時に燻らすという独特のシガースタイル。
ニコチン酔い、煙が眼に染みて涙目、なんてシーンは
絶対に出てこないであろうアニメーションの世界であるから、
このようなシガー扱いかたが、リアルではないとか、
間違いだとかは、ここでは触れずにおいておきたい。

大事なのはどのようなキャラが愛好しているか。

同じ雑誌で連載していた
「花の慶次」で前田慶次が嗜んでいた煙管(キセル)にも、
愛好品としての描写がなされています。

葉巻もキセルも形態こそ違えど、
歴史のある嗜好品(喫煙文化)の一つです。

・「ルール」を守るカッコいい人が愛好する嗜好品。
    それは、別の言い方をすると
・嗜好品を愛好できる人は「ルール」を守れる人。

それを表現するに相応しい、
素晴らしいキャラの愛好品として描かれていることが私はとても嬉しい。

今後、日本で、葉巻を扱う漫画家さんがいらっしゃいましたら、
欧米の影響による分煙化・禁煙化がますます進み、
喫煙の描写も厳しい状況を余儀なくされる可能性がでてくるのでしょうが、
そこに屈せず、カッコいい人間の愛好品として描いてください。
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:管理人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cigartaki.blog28.fc2.com/tb.php/6-97e17ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。