シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
シガーの個人輸入について.3
外国から葉巻を輸入する課程のなかで、チェックはなされているの?
実は、情報が公開されていないのです。

冷凍餃子と同じ加工品の扱いになるか、
食品衛生上とくに課題が生じていない「紅茶」のように、
一定期間(~3年)内は輸入するたびに届出をしなくても
輸入できる継続輸入制度の対象品となるかのどちらかだと思われます。
が、ともあれ、日本で購入する葉巻は、一応、
世界一ともいわれる通関フィルターを通っているわけです。

その前段階として初めて葉巻を輸入する場合にも、所定の手続きが必須。
輸入業者が、検査機関にサンプルを持ち込んで検査し、
検疫所に事前に安全性に関する結果を提出する必要があるんです。
最終的に財務大臣の許可をうける必要もあります。
とにかく、安全性に疑いのある輸入品は
日本では、必ず水際でチェックされているんですよ。

どうでしょう。
葉巻の輸入は、現存の日本の葉巻商社さんにお任せして、
その葉巻仕入れている小売店さんの店員さんの顔を見て、
リーズナブルなシガーを購入するプロセスの方が
地球にやさしく、スローで、そして”粋”な葉巻人だと思うのですが、
どうおもいますか?
 
 
スポンサーサイト

Back!!
この記事に対するコメント
-comment title- 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/04/22】 | # [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cigartaki.blog28.fc2.com/tb.php/58-577fe989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。