シガースタイリストへの道
葉巻の古き良き文化と歴史、そして日本的な葉巻のある生活様式を表現してみたいと思います。
最近の記事

カテゴリー

プロフィール

佐藤タキ

Author:佐藤タキ
ホテル・グランメゾン・オーセンティックバーでの実務経験と、国際展示会主催会社で培った企画営業力を基に、新宿の小規模飲食店にてオリジナルの広報術を展開中。
また、フリーのシガースタイリストとして、イベント企画、パーティ出演など葉巻の文化成熟の為に日々奔走している。photo by P (nove+)

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back!!
スペイン・イビサ10


日本でいうプレミアムシガーよりも、
"VEGA FINA"というブランドが
シガリロからチャーチルサイズまで多く陳列されていました。
(こちらは単品買いOK)

これは、スペインで機械巻きを行った
リーズナブルシガーブランドのようで、

プレミアムシガー:VEGA FINA=1:2

くらいの取り扱いで売られていました。
 


さて、旅の終わりでようやく気づいたことがあります。
空港内の免税店が、一番品ぞろえが良いです。
イビサで一番大きい、
ウォークイン・ヒュミドールが空港内にありました。
街では見られなかった、日本でもおなじみのブランドも
ここには陳列されていました。
(ちなみに、途中乗り継ぎした、
 マドリード空港はもっと立派で大きかった)
イビサでのシガーのお土産は、街より空港で。
が良さそうです。

*1.VEGA FINAが沢山ありました
*2.イビサ空港のウォークイン・ヒュミ
 
スポンサーサイト
Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cigartaki.blog28.fc2.com/tb.php/48-52548fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。